真の肌タイプ診断 ~美肌のためにはまず知ること~

お問い合わせ

必ず、とは言えませんが(間違ったケアにより肌を傷つけ肌タイプが変化するため)肌タイプと起こりやすいトラブルには相関関係があります。ご自身の肌タイプをしっかり理解することで選択するスキンケア化粧品やスキンケアのやり方が正しくなります。初歩的な内容で美意識のお高い方には物足りない内容かもしれませんが、確認のためにお読み頂けると嬉しいです。

肌のタイプは5種類

肌タイプの判断の仕方は皮脂量です。皮脂の量、またどこに皮脂がでやすいかで肌タイプは分かります。皮脂分泌量は、基本的には毛穴の大きさと比例します。毛穴の開き、黒ずみが気になる方は混合肌、脂性肌のどちらかになります。ほとんど皮脂がでなく、かさついてる方は乾燥肌です。乾燥がひどくなり、肌のバリア機能が弱っている状態が敏感肌となります。そして、この敏感度合いが強いお肌がアトピー性皮膚炎です。ほとんどの方は混合肌になります

乾燥肌

特徴

~毛穴が小さい、キメが細かい、サラサラしてる~

  • ほぼ皮脂が出なく乾燥が強い
  • Tゾーンさらさら
  • 毛穴が小さく目立たない
  • キメが細かい
  • 皮膚が薄い印象
  • 肌荒れしやすい
  • 小じわなどが早くから出る
  • 思春期にニキビではほぼ悩まなかった

起こりやすいトラブル

  • つっぱり感
  • 小じわ
  • バリア機能の低下(肌荒れしやすい)
  • かゆみやひりつき
  • メイクのりが良くない

気を付けること

  • 油分より水分を増やす保湿ケアを徹底する

混合乾性肌

特徴

~乾燥肌よりでTゾーンなど小さいところは皮脂が有り~

  • 顔全体の皮脂は少ないが、Tゾーンは皮脂がでる
  • Tゾーンのみ毛穴は気になるが他は目立たない
  • 目元、頬など外側部分は乾燥しがち
  • 夏と冬で肌状態が大きく変わる
  • 張り、弾力、艶が適度にある
  • 脂っぽい、かさつくなどの変化が多い

起こりやすいトラブル

  • 季節、湿度でスキンケアを変えないと、乾燥や毛穴のトラブルがでやすい
  • 鼻の毛穴の詰まり
  • 頬の乾燥

気をつけること

  • 季節、湿度で肌状態が変わりやすいので夏と冬とでスキンケアを変える

普通肌

特徴

~肌トラブルが起きにくく、肌つやもある。テカリはさほどない~

  • 肌トラブルが起きにくい
  • 極端なテカリも乾燥も感じない
  • 1年を通して肌状態が安定している

起こりやすいトラブル

正しいケアをしていれば基本的にはありません。しかし、やりすぎたり、擦ったり、刺激を与えていれば乾燥肌傾向になり、乾燥しやすくなります。【肌には優しく】を心がけ、せっかく良い肌質をお持ちですのでダメージを与えないようにしましょう。

豆知識

普通肌の方は全体の5%以下です。30代前半くらいまでは何も気になることなく、綺麗ですね!と言われることが多いでしょう。しかし、女性は年々皮脂分泌が減るので乾燥肌よりになっていきますずっと同じスキンケアのままでは急にシワに悩むことになるので注意しましょう。美肌でいることに油断は禁物です。

混合脂性肌

特徴

~脂性肌よりでフェイスライン外側は少し乾燥する~

  • Tゾーン、目の下の頬はしっかり皮脂分泌ある
  • Tゾーン、小鼻横の頬の毛穴は目立つがそれ以外は目立たない
  • 目元、頬の外側のみ乾燥しやすい
  • 夏と冬で肌状態が大きく変わる
  • 張り、弾力、艶が適度にある
  • 毛穴詰まり、ニキビなどが出来やすい
  • ニキビ、吹き出物が大きくなりやすい
  • 思春期にニキビでそれなりにトラブルが出た

起こりやすいトラブル

  • 夏と冬で皮脂分泌量がかわるので、スキンケアを夏と冬で変えていかないとニキビ、乾燥、毛穴の黒ずみなどのなる
  • 鼻、Tゾーンに油分を与えすぎると、ニキビ、吹き出物の原因になる

脂性肌との違い

  • 混合脂性肌のかたのがキメが細かい傾向
  • 顔全体に皮脂分泌があるわけではない
  • 朝起きて、顔全体に皮脂分泌でなく部分的にべたつきがあれば混合脂性肌です

脂性肌

特徴

~毛穴が大きく顔全体がてかりやすい~

  • 毛穴が大きめで目立つ
  • キメが粗い
  • 皮膚が厚ぼったい印象
  • 顔全体に皮脂が多い
  • べたつく、テカる
  • 頬の外側も油分ある
  • 乾燥しにくい
  • 夏は特に毛穴の詰まり、ニキビのトラブルが多い
  • 思春期の頃、ニキビが出来やすく広範囲に出た
  • にきび、吹き出物が赤く大きくなりがち

起こりやすいトラブル

  • 毛穴の詰まり
  • ニキビ、吹き出物
  • テカリ、ベタつき
  • メイク崩れ

気をつけること

  • 夏は特に油分の多いクリーム、乳液は控える
  • クリーム。乳液のセレクトに注意する。※油分多いものはニキビや毛穴の詰まりの原因になる
  • ワセリンだけつける、みたいなことは絶対しないでください。肌荒れします。

まとめ

  • 皮脂腺の大きさは遺伝的な物
  • 肌質は遺伝的な体質
  • 肌質は変えられないが肌悩みは改善出来る
  • 油断は禁物
  • 肌質により、肌悩み、症状は大きく異なる
  • 正しいケアを正しい知識で継続しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました