化粧品の付けすぎ、やり過ぎが肌を傷める

お問い合わせ

【肌のため】と思ってやっていたことが肌トラブルにつながる

ことは非常に多くあります。

スキンケアのやり方次第で老化速度を早めることも、緩めることもします。

こちらでは、特に肌をいじめている行為について書かせて頂きます。

セルフピーリングに要注意

適度な角質ケアは勿論肌に良いです。肌のターンオーバーを整え、古い汚れを取り除き、くすみやしみの予防にも繋がります。

問題は薬局などに売られているアルカリが強いものを、自己判断で頻繁にやったりやり続けること💦

これは、たるみ、しみを大歓迎している状態と全く一緒です。肌のバリア機能を低下させ、肌を弱くさせ敏感にさせます。

物にも肌にもよりますが、市販の安価なものがおすすめでない理由

  1. 角質が除去されてるようにみえてるだけ
  2. 角質ケアに使われる強力な界面活性剤が炎症の原因になる。

こちらは、市販で販売されている有名な角質ケアの商品です。

成分上記に「カルボマー」「エタノール」と表記があれば注意

カルボマーとは、【ゲル化剤】でジェルのテクスチャーを作るのによく使われます。

これがポロポロと出てくるカスの正体であり、老化角質がとれている訳ではないです。カルボマーの影響でポロポロ出てきているのです。

勿論、全く意味がないわけではないですがこの成分表示を見る限りだと殺菌剤や防腐剤のが目立ち、、個人的には肌負担がとても多いと感じられます。このような物を定期的に肌につけるのはかなり危険です。

アイテム多過ぎ\NG/

り過ぎもやらなさすぎも肌には悪影響

スキンケアのおいて大切なのが

洗顔

②保湿

③日焼け止め

この3つです!この3つさえ正しく出来ていれば肌寿命は延ばせます。

物に、情報に溢れる現代の消費社会ではこの3ステップさえも間違えてやっているかたが非常に多いです。

  • 3ステップ以上の沢山の化粧品をベタベタ付けていませんか?
  • 洗顔クレンジングを1分以上、長時間されてませんか?
  • 顔のマッサージや筋トレなど沢山されてませんか?

もし、お心あたりのある場合はこの先もご覧ください(^^)

保湿は3ステップまでに

あれもこれもと、沢山付けたところで肌へは吸収されません。

保湿の基本は、「水分を補充して、脂分で蓋をする」です。

保湿においては、不足した水分を補い、油分での蓋が出来ていれば70点以上は取れます。

勿論、加齢と共に老化スピードはとても加速するので年齢、肌別ごとに適切な使用化粧品は異なります。

化粧品の選び方においては長くなるのでまた別の記事でご案内させて頂きます。

洗顔はおさえるだけでOK

美肌の基本中の基本が、クレンジングと洗顔!

スキンケアの中で、日焼け止めと同じ位大事同率1位といっても過言ではありません。

下記の項目で当てはまる物が何個ありますか?

・クレンジング洗顔を薬局で適当な安価な物を使う

・洗顔後に肌が突っ張る

・肌の汚れを落とすとき、時間をかけて、くるくる丁寧に洗う

・拭き取りタイプのメイク落としシートを週1以上で使う

・洗顔時のお湯が38度以上

これらの中で1個以上当てはまるのであれば今すぐ見直して頂きたいです!

洗顔のポイント

①普通の方なら、洗顔の泡は乗せて優しく押さえるだけでOK!
しませんしません。
②泡は」乗せてから30秒内で洗い流す
③鼻、おでこなど皮脂の多いところから付ける
④これらをして突っ張るなら、洗顔料があなた様にご使用の洗顔料が強い可能性があるので見直しを・・

最強のアンチエイジングケアは日焼け止め

正直、高価なスキンケア商品を使ったりエステでケアすることよりも大事なのが日焼け止めです!

日焼け止めこそが美肌のための最強コスメです

高価な化粧品を使っていながら、日焼け止めを付けないということほどお金をドブに捨ててありませんありません。

日焼け止めは365日必須です。

冬の時期に弱くはなるもののしっかり出ています。冬に塗らないことでたるみを作りそれは数十年後にしっかり肌へ出てきます。

あなたの肌の老化速度を緩めるためにもしっかり付けましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました