一番お金をかけるべきスキンケア商品は!?

お問い合わせ

スキンケア商品はクレンジング、洗顔、化粧水、美容液、乳液、クリームと沢山あり全部を高価な物で揃えるなんて・・なんてかたのが多いと思います。結論から言えば、一番優先してお金をかけるべきものは【クレンジング・美容液・日焼け止め】です。なぜなら、この3つこそが美肌の基準だからです。もっと言えば日焼け止めとクレンジングで7割決まるといっても過言ではありません。今回の記事はこの3つの選び方について書かせて頂きます。

スキンケアでとてもやってはいけないこと

  1. スキンケア商品ばかりにお金をかけてクレンジングはこだわらない
  2. スキンケア商品はこだわるのにスッピンで外出or日焼け止め付けない
  3. は落ちれば良いんでしょ?とメイクの濃さに関係なく適当に安価な物を使用
  4. 日焼け止め付けるけど、ケチって適量を付けない
  5. なんとなく・・と言う理由だけで美容液を選ぶ
  6. 化粧水を一番重視\NG/

日焼け止めの選び方

  1. シーンにあわせてSPF/PAを変えて付ける
  2. 普段使いならどの季節でもSPF30/PA+++でOK
  3. 敏感肌さんなら散乱剤のもの使う
  4. 薬局で安価な1,000yen未満のものを顔に付けない
  5. 顔と身体は別のもの使う

日焼け止めのおすすめ、詳しい記事はこちら

美容液の選び方

肌トラブルや何にお悩みかで選択する美容液も変わります。毛穴にお悩みならビタミンC系のものは必須。美白ならメラニンを予防、還元できるもの。エイジングならレチノールやナイアシンアミド・・このように目的に応じてチョイスします。

毛穴にお悩みのかた

毛穴といえば「ビタミンC」です。なぜなら、

  • 皮脂分泌をコントロールし毛穴の開きや詰まりを防ぐ
  • 黒ずみ毛穴の原因となるメラニン生成、角栓の酸化の抑制
  • コラーゲン産生を助けるので弛み毛穴のケアも出来る

からです。ご存じの方も多いと思いますがビタミンCと言っても種類は様々。安定性が高いけど皮膚に届きにくいもの。安定性は低いけど即効性のあるもの・・

身近なもので即効性も比較的ありながら、安定された代表的なものが【アスコルビン酸】です。しかし、商品選びには見極めが必要。薬局で買えるようなもので一つおすすめなものをあげるとするなら

メラノCC 薬用シミ集中対策美容液

薬局で買えるようなものだとこちら一択です。朝も使うことで紫外線ダメージを防ぎます。付ける量が多いと効果が高くなるわけではないので適量を守り、紫外線対策をしっかりしましょう。

シミにお悩みのかた

美白ケア化粧品は「シミの予防」をすることです。今あるシミを消す物ではありません。詳細はこちら。例外として、出来はじめの皮膚表面に少ししかないシミなら美白化粧品でしみがとても薄く(ほぼ消えたような)なることはあります。美白化粧品選びのポイントは

  • 原因にあった方法で予防する
  • 元の肌よりは白くならないと心得る
  • 落とす、予防する、還元するの3ステップからアプローチ

こちらの記事をご覧下さい→【シミの最適なスキンケア方法】

メラニンを留まらせないために「落とす」。これはターンオーバーの正常化です。メラニンを留まらせずに排泄すればシミになりません。

個人的なおすすめはエステサロンでの定期的な角質ケアやフォトエステです。フォトエステに関する記事はこちら

予防するうえでドラックストアで購入できるお勧め品が


アクアレーベル シミ対策美容液

落とす、予防する、還元するこれらすべてが出来、尚且つ保湿、エイジングケアにも特化しているのがこちら。

V3 HARISET

一万本のイノスピキュール(HARI)が適度な刺激で使用感も最高です。肌の細胞を育て再生を促すスーパープログラムケア。筆者が一生懸命説明してる動画がこちら(笑)

シワにお悩みのかた

シワと言えば「レチノール」今現在、シワ改善を訴求出来る有効成分としてみとめられているのは

  • レチノール
  • ニールワン
  • ナイアシンアミド

この3つのみです。これらをふまえたうえであえて言わせてください。私個人がエイジングケアでもなんでも効果を実感し自信もっておすすめ出来るのが

コラボレ バイポーラアクアジェル

この商品には先ほど紹介したレチノール、ナイアシンアミドなどの成分は配合されておりません。しかし、しわ、たるみ、くすみに大きな変化をご実感頂いてる方が本当に多いです。ご興味ある方はこちらもご覧ください。

ドラックストアでは買えませんが、おすすめのエイジングケア美容液はこちら

DECENCIA(ディセンシア) アヤナス リンクルO/L コンセントレート 

手に出すとオイルのようなテクスチャーです。敏感肌さんでも安心して使用出来る刺激も少ない商品です。

クレンジングの選び方

クレンジングは基本的に化粧の濃さに合わせて選びます。濃いメイクなら脱脂力の強いものを選ぶ必要があります。しかしそれを続けていてはご自身の大事な皮脂まで奪うことになり乾燥肌の引き金に・・薬局で販売されているビ○レのオイルやソ○ティモのオイルは脱脂力がかなり強いので25歳過ぎた方が毎日使うには刺激が強すぎます。

話題のクレンジングをまとめた投稿記事がこちら

まとめ

  • スキンケアにおいて何より大事なのがクレンジングと日焼け止め
  • スキンケア商品で一番重視すべきものは美容液
  • 肌悩み、肌質に合わせた美容液を選ぶ 

最後までご覧頂きありがとうございました。こちらでは素肌美人になるためのあらゆる角度からケア方法を投稿しております。肌にお悩みのある方の参考になれれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました